Google+ 富士フィルムイメージテックのSNS+デジタルサイネージ | オオツカビジュアル株式会社

富士フィルムイメージテックのSNS+デジタルサイネージ

展示会【富士フィルムイメージテックのSNS+デジタルサイネージ】

$@o2kabiko

を見てきました。
プライベート展示会だったようです。(名古屋)
11月発売になったSNSと組み合わせたサイネージ。
TwitterやFacebookを表示させることができます。
(Facebookは現在試験中とのこと)
画面は、ツイートが掲示板に付箋のように出てきてランダムに動いている感じ。
横には広告等が表示できる(写真)
Twitterでは、特定のハッシュタグを付けるとサーバ側から表示するようにしている仕組み。
メールでは、Subjectの内容と添付画像を同様に表示していました。
海外サーバを利用するため若干のラグがあるものの、10秒前後だったので、特に問題なさそう。
ただ時間帯によっては影響あるかもしれない。
展示ではイーモバからのアクセスで7.2Mでも問題なく動作してました。
むしろネックになるのはTwitter側のサーバかも。
ASPなので、カスタマイズできる範囲を聞いたところ、現在のところは選べない状況。
もともと海外のもの(米国ロカモダ社)を利用しているため、そこが若干ネックか。
将来的には、テンプレートより選択できるようにするとのこと。
タイミング調整や細かい動きをユーザ側で変えるのは今のところ難しいだろう。
その辺りは富士フィルムさんの方でカスタマイズで対応とのこと。
次にフィルタリングについて聞いてみた。
フィルタリングはサーバ側が持っている。ただし海外製なのでワードによるフィルタリングはできるものの、やはり日本語完全対応とはいかないようだ。
漏れた部分は、逐次監視し、その場で削除するほかない。
将来的に、日本国内に間にもう一つサーバをかませて、フィルタリングも検討しているようだ。
ただし、処理時間の問題もあるのでどうなるか。
画像フィルタリングについては殆どされない感じ。
契約料金については、月額10万円程度とのことだが、その辺りはフレキシブルのようだ。
サイネージソフトの上に乗せれば、スケジューリングなど組み合わせの動作も可能なのでこういった利用も出来ると思う。
所感
もう少し海外ASPそのままではなく、日本語化やカスタマイズできる部分を作り込んでユーザ側での自由度が欲しいと感じた。
また価格については、ASPタイプで安価なものも多く出ている。もう少し頑張って欲しいと感じた。
Twitterにしても、FacebookやUSTREAMなどのSNSを取り込んだサイネージはこれから多く出てくると思う。それに伴ってフィルタリングなど様々な問題も多く出てくると思うので今後の動向が気になるところだ。
富士フィルムイメージテックのプレスリリースはこちら
http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_0455.html

Bookmark this on Google Bookmarks
Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る