Google+ 3次元モデリングツール | オオツカビジュアル株式会社

3次元モデリングツール

最近よく展示会などで3Dプリンタを見ています。

まだまだ3Dデータを作れないとなかなか敷居が高いですね。

しかし最近では、3D素材が充実してきていて、ダウンロードして3Dプリントするだけのものが増えているので、

実際の3Dプリンタの購入者の何割かは3Dデータ初心者の方だそうです。

もう少し、その敷居を低くできるような、ツールやアプリが登場してくれば簡単に利用できるようになるのではと思います。

よく聞くのが、Autodesk社の123D Catchや123D Creatureなどの123Dシリーズですね。

ほかに、そういったツールのうちのひとつとして、面白いものを見つけましたのでご紹介します。

SculptGL

http://stephaneginier.com/

sculptgl

粘度のように直感的にモデリングできるので扱いやすいです。

STLファイルにも書き出せるため、3Dプリンタで出力可能です。

欲を言えば、もう少しIFが分かりやすいようになれば使いやすいと思いました。

 

これ以外にも簡単に3Dを作れるツールやアプリがたくさん出てきています。

3Dプリンタの普及には、こういったツールが充実してくることが必須だと思います。

造形が楽しく、ワクワクするようなツールを期待しています。

 

Bookmark this on Google Bookmarks
Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る